平成24年度環境会総会

ご挨拶

環境創造学科長 酒巻史郎教授

平成24年4月より高橋教授の後を受けて環境創造学科の学科長を拝命した酒巻です。よろしくお願いいたします。

まず皆様方に理工学部全体の動向についてご紹介いたします。来年度の平成25年4月より理工学部は応用化学工学科とメカトロニクスシステム工学科の2学科が増設され、11学科体制となります。また既設学科のうち、建設システム工学科は社会基盤デザイン工学科へ、機械システム工学科は機械工学科へと名称変更することになります。

この学部改組と系入試廃止に連動して環境創造学科を含めた全学科ともカリキュラムを一新して、一年次から専門分野にふれ、4年間にわたって掘り下げる学びへ、伝統ある理工学部が、深化・融合・連携により次代を見据えて進化します。環境創造学科としても、学科が目指す教育内容が社会、父母および学生からより解り易くなるように、自然環境系と都市・住環境系を2本柱とした、新カリキュラムの編成、新科目の追加および名称変更等々に取組んでおります。

また天白校舎におきましては、平成25年4月完成を目指して4号館南側で研究・実験棟Uの建設が進んでいます。この新研究・実験棟へは環境創造学科も完成する平成25年度に移転致しまして研究・教育活動の一層の充実化を図る予定です。

また、社会への学科広報活動の一環として昨年度に初めて実施しました、高校生を対象とした「高校生・環境エッセイコンテスト」を今年度も継続する予定で、第二回「高校生・環境エッセイコンテスト」を計画しております。

なお環境会の皆様方には今年度も在校生の環境会への入会促進についてご協力をお願い致します。

簡単ですが私の挨拶といたします。

挨拶

環境会 渡辺頴造会長

本日はお忙しい中、環境会総会にご出席頂有難うございます。

先般5月24日の環境会評議員会で議事案の承認賛同得、本日の環境会総会にて、議事の決議をお願いします。

環境会同窓会会員の皆様におかれましては、各地域、各界各層においてご活躍の事とお慶びも申し上げます。また、平素から同窓会活動にご理解並びにご協力を賜りまして厚く御礼申し上げます。

環境創造学科環境会同窓会は会員相互の交流・親睦を図り名城大学理工部環境創造学科の発展寄与する事を目的としています。平成22年度において環境会の事務組織整備(名簿整備)により名城大学理工学部環境会会員名簿誌 研究室所属会員名簿(第二号)発行しました。会員数は環境会発足して9年目になり920名程になりました。

今後とも、環境会の各種行事等に多くの卒業生の方に参加をしていただき、親睦を図ることにより人と人との繋がりを深め、会員、諸先輩のお力添えをいただき、学生や先生方との連携も密にし、名城大学環境創造学科の発展と共に環境会としての活動を行うことが出来るように努力したいと思います。皆様のご支援ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。平成25年には環境会10周年記念行事を開催したい所存です。

23年度の事業計画環境会創造学科支援で「高校生・環境エッセイコンテスト」懇親会による準会員参加等で先生方の計らいにより支援でき有難うございます。今期も継続したくよろしくお願いします。

トップページへ戻る