学科長挨拶

環境創造学科学科長 道正泰弘教授

学科長 道正泰弘教授

名城大学理工学部環境会の皆様におかれましては、日頃より、会員相互の交流・親睦を図るとともに、環境創造学科の教育・研究に対しましてご支援・ご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。平成28年度に環境会創立13年を迎えられ、同窓会活動を継続的に展開して来られましたことに敬意を表したいと思います。強固な卒業生が諸先生や学生との連携を密にし、継続的に活動されていることは、卒業生を送り出す側としては大変心強く思っております。 「21世紀は環境の世紀」と言われています。環境をとりまくさまざまな課題への関心が高まる中、環境創造学科では、持続可能な発展にむけて、より充実した教育・研究活動を展開するため、基礎学力を重視した指導を行ってきています。

教育の特質として、2010年度より、「環境工学及び関連のエンジニアリング分野」においてJABEE(日本技術者教育認定機構)の認証を取得し、「環境創造プログラム」と「環境総合プログラム」の2つの教育プログラムを用意し、履修の選択肢を広げています。また、技術士(環境部門)などの各種資格取得や、専門性を高める大学院進学への支援も充実させ、広く社会で求められる人材の育成に注力しています。

環境会1300名の皆様のご活躍を祈念いたしますとともに、今後とも環境創造学科の一層の発展にご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。